« 虎太郎君恋君の可愛い着画 | トップページ | 本(羊と鋼の森) »

2018年7月20日 (金)

7月のお花レッスン向日葵

ジャルダンで向日葵のレッスン。 

私の中で、向日葵=セル

         Dscn1385



高齢犬のセルに、向日葵は荷が重くなったかな?と思ったけど
色々な種類の向日葵が出荷されてるので、まだまだいける
 
          どれがセルの花?なのDscn1387_2
        



向日葵は、お腹に入らないものと悟ったのか


          そんなことより、美味しいの下さいなDscn1389





受けたレッスンは  「ひまわりのブーケ コートダジュールの色彩」

今回は、コートダジュールの色彩をテーマに構成してみます。
青い海、パステルカラーの街並み、レンガ色の屋根にからし色の壁。

きれいと思った景色。ブーケにしてもきっときれい。

今回はいつもより花材の本数が少なかったので、すんなり出来た

作品は  見る方向で全く違う

  レンガ色の屋根にからし色の壁。
          20180712_134817_2



  青い海、パステルカラーの街並み、

20180712_134756

  



     上から
20180712_134823_1



お花を選ぶのが大好きだけど、自分だったら
れんが色の花に、ブルーの発想はゼロ さすがだなあ!と
ミーシャには今日は、凄い綺麗な紫陽花も見て見てって!


         Dscn1390


    
          今は眠いにゃ201006012_0000       


いつもご訪問ありがとうございます。
すみません、ポチっと応援お願いします。
          ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り犬用品・グッズへ
にほんブログ村

|

« 虎太郎君恋君の可愛い着画 | トップページ | 本(羊と鋼の森) »

コメント

raiさん、セルちゃん、▼o・_・o▼こんにちわん♪

紫陽花⇒向日葵⇒レンガ色の花(ダリア?)に季節の移ろいも感じます。
お花の種類が少ない? 多いですよう!
主張の強いレンガ色が入っても綺麗にまとまってる!!
感心しきりですhappy01
角度が変わると雰囲気が違うから
楽しさが何倍にもなりますねnote
クルクル回して見入っちゃいそうですhappy01

セルちゃん、美味しくなくて残念でしたwink

ミーシャちゃんは座布団?を何枚も重ねて
極楽極楽noteですねhappy01
気持ちよさそうに寝てるnote
そこはミーシャちゃんの秘密基地?

投稿: 姫・麻呂ママ | 2018年7月20日 (金) 15時19分

こんな風な花束も素敵ですね。
無造作 アンバランス 自然体であって統一感がある。
なんとも摩訶不思議な自分だけの花束。
ほんと 見る方向によって 色々楽しめますね。
動きが有るって言うのかなぁ・・・
お花がてんこ盛りって感じますが
これでも少ない方なの・・・
夏場でも 6日頑張ってくれたんだね。

セルちゃんのひまわり 白も有るなんて
驚き! 好みだわ♪

キャスは毎日 お山で 夕涼みです。
家では寝てばかりなので 気分転換。
二人とも夕飯を17:30くらいに食べて
19時頃から出没しています(笑)
セルちゃん この夏 乗り切ろうね。
ファイト!

投稿: CAS-K | 2018年7月22日 (日) 09時07分

CAS-Kさんへ

相対するお花どうなることやら と思っていたけど、場所が決めやすかったので、時間だけだとすぐできちゃいました。
いつも花材の本数がもっと多いんです。手がふうって。

向日葵、種類豊富なので、これは若かりしセル、これは今なんて、楽しめます。

キャス君、ママが居て、お山があって、お友達がいて、いいなあって。セルは犬にや人に興味がなくてお友達0なんですよ

投稿: らい | 2018年7月22日 (日) 16時13分

姫麻呂ママさんへ

お花の種類は多いのですが、全体本数が少なかったのです
いつもは手がふうふういちゃう本数なんです。

セルは食べじゃないと、すぐ居なくなるんです。

ここは、押し入れの天袋で、ミーシャの秘密基地scissorsでした。
何かあると良く逃げ込んでました

投稿: らい | 2018年7月22日 (日) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114662/66960482

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のお花レッスン向日葵:

« 虎太郎君恋君の可愛い着画 | トップページ | 本(羊と鋼の森) »